1. HOME
  2. Blog
  3. コラム
  4. OSSビジネス千里眼

更新情報

NEWS

OSSビジネス千里眼

クラウドの登場によるLinuxディストリビューションの市場シェアの変化

こんにちは。デジタル・ヒュージ・テクノロジー顧問の吉政でございます。 UbuntuというLinuxをご存知でしょうか? Linuxの情報をある程度追いかけている人でしたら、ご存知のLinuxディストリビューションになります。このUbuntuは最近シェアを伸ばしているOSになります。 10年前のサーバOS市場シェアでは、Windowsシェア45%、Unixシェア30%でしたが、今はLinuxが96.6%でWindowsが1.7%になったというデータすら出てきています。それくらい、Linuxはシェアを伸ばしました。 興味がある方は「Linux シェア」で検索してみてください。いろいろなデータが出てきますが、いずれもLinuxのシェアが高いものになっています。 そして、Linuxサーバのディストリビューション・シェアは2017年8月現在で、Ubuntuが37.2%、Debianが31.2%となりました。詳しくは以下の調査データを見てみてください。 ※LinuxサーバOSシェア W3Techs(2017年8月) https://w3techs.com/technologies/history_details/os-linux この市場シェアの大きな変動の背景にあるのはクラウドです。10年以上前はまだオンプレミスのサーバが多く、1台のサーバを立てるのに料金が発生しており、企業では稟議が必ず必要な時代でした。この時代はサーバ購入費の中にOSなどのソフトウェアが含まれており、ハードとソフトが一緒に買われていきました。 現在はクラウドが主流であり、1台のサーバを立てるのも費用がかなり安くなりました。操作も簡単でボタン一つで簡単にサーバを立てられるような時代になりました。この時代でライセンスが個別に発生する有料ライセンスのOSは利用されなくなり、ライセンス料が発生しない、無料で使えるLinuxが市場シェアの大半を持つようになりました。 本日のタイトルにもあるUbuntuですが、現在、トップシェアを勝ち取っています。その理由は今から10年前の2007年ごろにUbuntuのコミュニティが世界シェアでトップだったクラウド「AWS」への適応改良を行い、AWS上でUbuntuを構築する時間を大幅に短縮しました。それにより、AWSでLinuxを立ち上げるのであればUbuntuが一番速いというブランドができ、AWSの成長とともにUbuntuの市場シェアも伸びトップシェアになりました。 ここでOSS活用のヒントが出てきています。昔、OSSは料理に例えると、野菜などの材料で、調理をしなければ美味しくならないと言われた時代がありました。今はそこから進化して、最適化されたOSSであれば、そのままでも美味しい時代で、そういうOSSが伸びる時代になりました。 例えば、プライム・ストラテジーのKUSANAGIという超高速Webサーバ実行環境は、Webサーバの最適化チューンを行った結果、大変好評で2年間で1万台を超える導入がありました。 ※KUSANAGIについて興味がある方は、以下のページをご覧ください。 https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/solutions/kusanagi/ このコラムを掲載いただいているデジタル・ヒュージ・テクノロジーでは、OSSの導入コンサルティングも行っています。デジタル・ヒュージ・テクノロジーはOSSの基本的な思想も理解されているので、面白いお話が聞けると思いますよ。どのOSSをどう組み合わせ最適化する要はお話が面白いと思いますよ。 興味がある方は以下もご覧ください。 https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/solutions/dht-oss-consulting/

OSSビジネス千里眼

「アクセスが集中する業務システムだからこそ、高速化が必要。高額なDBから高速且つ低コストのPostgreSQLへ」

多くの業務システムはアクセスが集中することが多いです。 例えば、勤怠管理システム、営業管理システムなどもそうですが、社員の皆様の作業が終わり、何かをするときに集中したアクセスになりやすいです。そこで、システム面ではアクセスが集中する最大時期に合わせて設計し、アクセス集中時でも快適に業務システムを活用できるように構築していると思います。 以前は、オンプレミスでハイスペックなサーバを購入しておけばよかったのですが、今の時代はクラウド上で作ることが多く、どうしてもアクセスが集中するとクラウドスペックもあげなければいけなくなります。そうなると、毎月支払っているということもあるので、クラウド料金がどうしても目立ってしまったりしますよね。 そのような課題を抱えているお客様がいる最中、DBトップベンダーのOracleから価格を2倍に値上げする発表がありました。Oracleを使っているお客様の悲鳴が聞こえてきそうですよね。業務システムは計画的に構築・運営していくので、いきなり大幅に値上げをされてしまったからと言って、来月からOracleやめるとは言えないものです。結局、多くのOracleユーザが悔しい思いをしながらOracleを使っているような気がしてなりません。 さらに、その数か月後、Oracle社より、業績向上の報道発表がされました。値上げをして業績向上!の発表をするのってどうなのかと思いますが、これがビジネスなのでしょう。値上げするのもメーカーの自由です。でも自由はその行動の結果の責任を負うことも含めての自由だと思っています。 調査データによると2020年までに多くの有償DBがOSS-DBにリプレイスするかリプレイスのプロセスに入るというデータが出ています。詳しくは以下をご覧ください。 https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/2017/12/oracleが儲かっている記事が出ているが、数年後はど/ このような時に、デジタル・ヒュージ・テクノロジー社との定例会議で以下のような会話があり、「KUSANAGI for PostgreSQL」の開発の話ができあがりました。 吉政「鵜川社長、Oracleユーザが悲鳴を上げているみたいですよ。」 鵜川社長「そうなんですよね。ただ、OracleユーザがPostgreSQLにリプレイスした時、かなりヘビーな負荷がかかるシステムの場合、Oracleのほうが速いケースがあるんです。」 吉政「そうであれば、プライム・ストラテジーの中村社長にお願いして作ってもらいましょうよ!」 鵜川社長「そうですね。うちも技術協力できますし、お願いしてもらえますか?」 吉政「ちょっと聞いてみますね!」 プライム・ストラテジーの中村社長から即断即決のお返事を頂き、プライム・ストラテジーによる「KUSANAGI for PostgreSQL」の開発が始まり、デジタル・ヒュージ・テクノロジーは技術協力をし、先日報道発表にいたりました。報道発表は実に17メディアに掲載され、大変好評でした。 「KUSANAGI for PostgreSQL」は標準のPostgreSQLの六倍の高速化を実現できました。これにより、PostgreSQLユーザは「KUSANAGI for PostgreSQL」を活用することで、大幅なパフォーマンス改善をすることができるようになるのです。クラウドユーザであればコスト削減ができる可能性が高いです。 Oracleの値上げに困っている方、PostgreSQLを高速化されたい方は、是非以下をご覧ください。 「KUSANAGI for PostgreSQL」に興味がある方は以下をご覧ください。 https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/solutions/kusanagi-for-postgresql/ DHT DBマイグレーションサービス(100万円/60テーブルより) https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/solutions/dht-db-migration/

OSSビジネス千里眼

「コンテナ型仮想環境『Docker(ドッカー)』を高速化する」

多くの方が想像しているとおり、ビジネスは加速化されていきます。 誰もが遅くなっていくとは思っていないと思います。 振り返ってみれば、電話とFAXがビジネスコミュニケーションの中心だったころと比べて、今は電子メールやチャット、TV会議など様々なコミュニケーションツールが発達し、Eコマースも当たり前の世の中になりました。それに伴い、一日に処理する情報量はかなり増えたと思います。当たり前のような出だしで始まりましたが、社会のビジネス環境は大きく進化し、スピーディーになっています。これからもそうです。 それに伴い、開発要件もより短納期が求められるようになり、開発手法もウォーターフォールからアジャイル開発にシフトしてきています。特にWeb関連の開発ではウォーターフォールの開発方式を取られている会社はかなり減少したのではないでしょうか? そして、今、より高速に開発を進めていくための環境としてコンテナ型仮想環境が普及を始めています。 代表的なコンテナ型仮想環境『Docker(ドッカー)』に今回は触れてみたいと思います。 (「Docker」実行環境をクラスタ化する「Kubernetes」に注目が移っている!と言う方もいるかもしれませんが、今回はまず、Dockerで書きますw) そもそも「コンテナ型仮想環境」とはという話になりますが、一言で言えば、アプリケーションと実行環境を分離させて、コンテナと呼ばれる器の上にコンテナプロセスを複数格納する仮想環境を指します。 VMwareやHyper-Vなどの仮想環境はそれぞれの仮想環境の上に個別のアプリケーションが動いています。「コンテナ型仮想環境」はOSの上にコンテナエンジンが乗っており、その上に複数のコンテナプロセスが動いているイメージになります。アプリケーションがOSなどの実行環境と分離されているため、アプリケーションを構築・実行される際にOSなどの実行環境を意識しないため、構築も早ければ、実行も軽いです。実行環境は構築も速くて、実行が軽いのが一番です。その2点を追求したのが「コンテナ型仮想環境」になります。語弊があるかもしれませんが、おおよそその理解であっていると思います。 「コンテナ型仮想環境『Docker(ドッカー)』」をご存知ない方は是非注目してほしいです。コンテナ型仮想環境で将来にわたっても代表格でいられ続けるかはわかりませんが、OSSの「コンテナ型仮想環境」は必ず時代の主流になります。ご存知の方もいるかもしれませんが、Google社はIT基盤を「コンテナを使ったマイクロサービス」に移行し、コンテナを毎週20億個、作ったり壊したりしています。それくらい便利というか効率的にアプリケーション構築できるものが「コンテナ型仮想環境」になります。 そもそも「コンテナ型仮想環境」とはという話になりますが、一言で言えば、アプリケーションと実行環境を分離させて、コンテナと呼ばれる器の上にコンテナプロセスを複数格納する仮想環境を指します。 VMwareやHyper-Vなどの仮想環境はそれぞれの仮想環境の上に個別のアプリケーションが動いています。「コンテナ型仮想環境」はOSの上にコンテナエンジンが乗っており、その上に複数のコンテナプロセスが動いているイメージになります。アプリケーションがOSなどの実行環境と分離されているため、アプリケーションを構築・実行される際にOSなどの実行環境を意識しないため、構築も早ければ、実行も軽いです。実行環境は構築も速くて、実行が軽いのが一番です。その2点を追求したのが「コンテナ型仮想環境」になります。語弊があるかもしれませんが、おおよそその理解であっていると思います。 上記の理由から、より短期間でアプリケーションを開発、運営、改善していくためには「コンテナ型仮想環境」が有効であるという話になります。 さて、この「コンテナ型仮想環境」ですが、Dockerを使用している場合、KUSANAGIで高速化することができるのです。「KUSANAGI Runs on Docker 高速化」で検索すると77倍高速化したというデータも出てきます。 実行環境はどのような使い方でも遅いより早いほうが絶対にいいですよね! 興味がある方は以下をご覧ください。 KUSANAGI https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/solutions/kusanagi/ KUSANAGI Runs on Docker https://www.prime-strategy.co.jp/information/release_rod/

OSSビジネス千里眼

Linuxが国内サーバOSシェアで79%を獲得

最近のサーバOSシェアがとんとニュースにならなくなりましたよね。 メディアなどのニュースを見てもサーバOSのシェアの話が全く出なくなりました。 でも、Linuxを使われなくなったという話は聞かないですよね。 元Linuxメーカーのマーケティングを担当する身としてはちょっと調べてみたくなったので、最新のシェアを調べてみました。 「2016年 Linux Windows Unix サーバ シェア」で検索をするといろいろでてきましたよ! ・Windows導入率 9%減少、Linux14%上昇し、Linux導入率79%に ・Linuxシェアが96.6%に到達 Windowsは1.7%に ・Linuxシェア74%、Windowsシェア18%に 上記の数字には幅がありますが、Linuxのシェアが大きく伸びたのは事実だと思うのです。私がLinuxメーカーでマーケティングを担当していた20年前はシェアで30%を超えた!と喜んでいました。でもどうしても勝てないWindowsの壁ww 20年前はコミュニティーでインストール大会という、インストールをして、そのネタで酒を飲む会合が全国的に開催されていた時代から20年が経ち、Linuxのインストールはクラウド上でポチポチと設定するだけで使える時代になりました。 LinuxはOSSなので無料で使えます。 Windowsはライセンス商品なので、企業で使おうと思えば、稟議が必要です。 Linuxは簡単にインストールでき、無料なので、稟議を上げることもなく、すぐに使えるのです。これは開発者にとって便利なのです。 また、クラウド化が進むと、市場ではITをサービス利用するようになり、サービスプロバイダーはライセンス料金がコスト的に邪魔になります。そこで、Linuxの採用がますます進みます。 そして、気が付けば、Linuxのシェアが8割を超えるようなデータが出てくる状況です。 ビジネス的にはフリーミアム戦略が効果を発揮する時代になっていくので、その後押しもあり、益々普及していきます。 そして、Linux技術者はインストールできるだけでは、技術者としては足りず、その動きとカスタマイズのノウハウを知っておく必要がある時代になりました。 これは本来のOSS業界が目指すべきエンジニア増であり、本質とメカニズムを知った技術者が評価される時代になっていくような気がします。 さて、このコラムを掲載いただいているデジタル・ヒュージ・テクノロジーは教育と開発を両方やっている会社です。Linuxを極めたい方にお勧めの会社です。 興味がある方は、是非、面接というか、遊びに来てください。 興味がある方は以下をご覧ください。 採用情報

OSSビジネス千里眼

Oracleが儲かっている記事が出ているが、数年後はどうなっているか

改めまして。吉政創成の吉政でございます。 9月からデジタル・ヒュージ・テクノロジー社の顧問となり、そのご縁でコラムを連載しております。 今回は「Oracleが儲かっている記事が出ているが、数年後はどうなっているか」というタイトルで書きます。 2017年10月に米Oracleが業績発表をしました。その発表内容にOracleのサービス系の利益率が発表されており、あちこちで「Oracleが儲かっている」というニュースが報じられています。 このコラムコーナーで執筆した「PostgreSQLとMySQLのシェア、そしてOracleの動向」に書かれているとおり、新規導入DBとしては明らかに下降しており、一方Oracleライセンス料金の戦略を考えると、今回の業績発表で良い業績を発表するために、既存ユーザーがある程度、他のDBに乗り換えてもかまわないので、Oracleをやめることができない既存ユーザーからお金を取ったように見えてしまいます。結果的にニュース記事にある通り、一見、Oracleの好業績に見えるような発表ができました。 今後はどうかー。 サーバOSシェアはWindows ServerがLinuxに抜かれ、Linuxが70%以上を取りました。CMSはMovableTypeがWordPressに抜かれ、MovableTypeはシェアが1%未満になり、WordPressが60%以上を取りました。稼働プラットフォームがオンプレミスからクラウドに変遷したことで手軽に導入できるOSSに軍配が上がっています。DBも新規導入シェアでは既にOracleがOSS-DBの後塵を拝し、稼働DBシェアでも時間の問題となっている今、Oracleの好業績はいつまで続くかは疑問です。 Oracleは将来なくなるDBではありません。特定用途では残っていきます。 Web系のDBはMySQLがシェアをとり、現在は業務系DBの稼働シェアはOracleがとっています。しかしこれは、業務アプリがOracleに対応しているから実現できているのです。業務アプリがオンプレミスからクラウドに移行する際に、業務アプリベンダーがそのままOracleを使い続けるかどうかは微妙です。SaaS市場はSaaS市場で今後価格競争に入るので、コスト圧縮のためにOSS DBを活用する筈なのです。 さて、今回Oracleは好業績をアピールするために利益率を前面に出しました。来年も業績発表では利益率を発表するでしょう。理由はユーザー数としては下降しますし、クラウドは単価が安いので売上額は当然下がります。というでしょう。この高利益率を維持するために、自社SaaSへの囲い込みに躍起になるはずです。そして囲い込まれたユーザーは完全にベンダーロックインされるという状況になります。 さて、Oracleを利用されている日本の企業の皆様のDBサーバは大半がオンプレミスのはずです。サーバのリースアップのタイミング、保守更新のタイミングで、このままOracleを使い続けるべきか是非考えてみてください。PosgreSQLで十分なシステムもたくさんあるはずです。 その際にこのコラムを連載しているデジタル・ヒュージ・テクノロジーのDHT DBマイグレーションサービスを検討いただけると幸いです。 OracleからPosgreSQLへの移行が増えている市場動向に備えた良いサービスに仕上がっています。お得なサービスなので、興味がある方は是非以下をご覧ください。 DHT DBマイグレーションサービス https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/solutions/dht-db-migration/  

OSSビジネス千里眼

超セキュアにPDFを共有するためのメリットを考える

改めまして。吉政創成の吉政でございます。 9月からデジタル・ヒュージ・テクノロジー社の顧問をさせていただくことになり、そのご縁でコラムを連載いたします。 今回は「超セキュアにPDFを共有するためのメリットを考える」というタイトルで書きます。 お客様の機密情報を扱う仕事を得られるということは、お客様とのビジネス上の信頼関係が強いことの表れになります。機密性が高ければ高いほど、取引額も大きいことも多く、非常に高い機密性を持つドキュメントのやり取りをするようになるお客様を失うと事業としても痛手を負うことが多いですよね。 漏えいすることで取り返しがつかないこともあります。 例えば新製品などがそうです。 新製品については発表前に漏えいしてしまうと、その情報が競合にわたることもありますし、その会社の信頼も落ちます。そして、漏えいされてしまった新製品の情報を漏えいによって変えることも難しく、覆水盆に返らずという状況になります。 長年メーカーのマーケティング部門を担当していた感覚でお話をすれば、新製品の情報を漏えいした会社と契約を継続することはなかなか難しいです。既にリークしていた製品であればまだ許せますが、コンシューマー向けの製品で、情報を一切シャットして発表日に向けて準備をしていた製品の場合はちょっと許せないです。わざとではなくても、書類を紛失してしまった場合など、結果的に漏えいは漏えいなので、同じ感覚になります。 少し前にノートPCの紛失率が5%ほどあるというデータを見たことがあります。単純計算で20名の会社で1名がノートPC紛失経験があるということになります。 ノートPCのハードディスクを抜き取れば、データが読めてしまうノートPCも多いと思うのです。フォーマットしたハードディスクのデータも拾い上げることができるくらいですから、データを抜き取ることは難しくはないですよね。 そう考えると、機密性の高いデータは社外に持ちださず、外部からの攻撃にも強い、超セキュアな環境を作って、許可をした特定な方にのみ閲覧させるのが一番良いと思うのです。実は安全なファイル共有については、5年近くコンテンツを作っていたので、兼ねてからそのようなシステムがあるといいなと思っていました。 今回、デジタル・ヒュージ・テクノロジーが発表した「DHT超セキュアPDF閲覧システム」はまさにそのようなシステムになります。このシステムはファイル・コピー不可、ダウンロード不可、印刷不可、持ち出し不可の限定的な閲覧しかさせないシステムになります。 「DHT超セキュアPDF閲覧システム」は半パッケージ製品になりますので、最適なコストでお客様のご用件に合わせた閲覧システムを作れます。 「DHT超セキュアPDF閲覧システム」の概要を以下に記載しますので、興味がある方はご覧ください。 ◆「DHT超セキュアPDF閲覧システム」の特徴 ・PC/iPadなどのデバイスに機密情報を保存しなくて良いので、盗難・紛失によるリスクの低減できます。 ・社内ネットワークへVPN接続(認証)と閲覧システムへのログイン認証の二段階のセキュリティにより、不正サクセスによる機密情報の盗難リスクを軽減できます。 ・本システムの閲覧機能によりPDFがセキュア化され、印刷・ダウンロードができなくなります。 ・PDFファイルの有効期限などファイルに対して閲覧制限をかけられます。 <DHT超セキュアPDF閲覧システム> https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/solutions/dht-secure-pdf/

OSSビジネス千里眼

PostgreSQLとMySQLのシェア、そしてOracleの動向

はじめまして。吉政創成の吉政でございます。 8月からデジタル・ヒュージ・テクノロジー社のマーケティング支援をさせていただくことになり、そのご縁でコラムを連載いたします。 今回は「PostgreSQLとMySQLのシェア、そしてOracleの動向」というタイトルで書きます。 ご存知ない方も多いと思いますが、20年以上前に無料のOSLinuxがWindowsを乗り越える!」という日経新聞の記事が掲載され、その後10年以上、LinuxはWindowsに負け続けました。そして、今のOSのシェアはどうなっているかというと、Linuxが大差をつけてWindowsのシェアを追い抜いています。その背景にあるのはクラウドです。 クラウドが普及することにより、サーバを立てるという行為が簡単になり、サーバ台数が飛躍的に増えました。その過程で、ライセンスが都度発生するWindows ServerがLinux Serverの後塵を拝することになりました。面白いことにこの市場データはパワーバランスが働いたのか、ほぼ市場で騒がれていません。ただ一言言えるのは、2倍以上差をつけてLinux ServerのシェアがWindows Serverのシェアを超えているということです。 クラウドが都度購入しなければいけない有料ライセンスのソフトウェアの市場成長を止め、その流れついていけない、有料ライセンスの雄であるWindows ServerがまずLinux Serverの後塵を拝しました。 そして、次はいよいよOracleです。少し前に「PostgreSQLが好調–Oracle DBの牙城に迫る」という記事が目に飛び込んできました。 「PostgreSQLが好調–Oracle DBの牙城に迫る」 https://japan.zdnet.com/article/35066741/ また、ガートナーの調査によれば、2018年の新規導入DBの70%はOSSのDBになるという発表がありました。 そして、Oracleは生き残りをかけて、ライセンス料金を引き上げるという戦略ミスをしています。ライセンスを上げるだけでなく、Oracleのクラウド以外を使っているユーザはさらにライセンス料を上乗せするというライセンスであり、お客様の心はますます離れていきます。もはや、Oracleが生き残る道はOracleのOSSライセンス化か、Oracleのライセンス無料化しかないような状況になってきています。 そして、PostgreSQLベースのEnterpriseDBの調査によると、業務システムのDBの世界シェアの55%がPostgreSQLになったと発表しています。(2015年時点。2014年時点では40%) DBの世界では、WebはMySQLで、業務システムはPostgreSQLで当面は決まりそうな状況です。 もともとPostgreSQLは高性能高品質で、Oracleよりバグの数では少なかったりしていました。そして今、クラウドの波によりOracleが沈もうとしています。 今日ご紹介した記事は米国の話ですが、日本でも必ずそうなります。既に日本のOracleユーザから悲鳴が聞こえてきており、その様が日本でもニュースになっています。 さて、DBの話といえば、品質と高速化、拡張性などが重要だと思うのですが、デジタル・ヒュージ・テクノロジー社は世界最高速のOSS実行環境「KUSANAGI」を使ってPostgreSQLの高速化の実験を始めています。近い将来、PostgeSQLとKUSANAGIで超高速業務システムプラットフォームが誕生すると思います。 乞うご期待! KUSANAGIについて興味がある方は以下をご覧ください。 https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/solutions/kusanagi/

OSSビジネス千里眼