Googleから「Mobile-first indexing enabled for XXX」というメールが届いた。どう対応すればよいのか。

こんにちは。デジタル・ヒュージ・テクノロジー顧問の吉政でございます。

Google Search ConsoleにMFIの件で、メールが届いている人が多いですよね。。

タイトルは「Mobile-first indexing enabled for (対象サイトURL)」となっているメールの件です。

内容は以下の通りでした。

(対象サイトURL)の所有者様

モバイル ファースト インデックスが有効になっているため、スマートフォン用 Googlebot のログでサイトのトラフィックが増加している可能性があります。また、モバイル版のコンテンツから Google 検索結果のスニペットが生成されるようになることもあります。

背景: モバイル ファースト インデックスは、インデックス登録とランキングの決定についてモバイル版のコンテンツを使用することで、ユーザー(主にモバイル ユーザー)が探している情報を見つけやすくするための仕様です。弊社のクロール、インデックス登録、ランキングのシステムは、これまでは PC 版のサイトのコンテンツを使用していたため、PC 版とモバイル版でコンテンツが異なる場合、モバイル検索に不都合が生じることがあります。弊社の分析によると、お客様のサイトのモバイル版と PC 版は類似しています。

当社のお客様にも届いており、ちょっとびっくりするような内容だったと思う。実はこのメールは全ての当社のお客様に届いているものです。でも一斉に送られているわけではなく、段階的に送られているようなものでした。

そこで、どう対応すればよいのかという話ですが、Googleのモバイルフレンドリーツールなどで、チェックして問題がなければ何もしなくていいはずです。Googleからは、Google BOTがチェックに循環しているので、トラフィックが増えているかもと伝えたいだけだと思っています。

Googleのモバイルフレンドリーツールで問題が出た場合は、ちゃんとやったほうがいいです。

まだのかたはとりあえず、GoogleのMFIチェックツールであるモバイルフレンドリーでチェックして見てください。

Google モバイルフレンドリーツール

https://search.google.com/test/mobile-friendly

一方で色々周囲に話を聞いて見ますと、実はモバイル対応していないところも多いそうです。モバイル用の画面を別に作っている会社もありますが、今の基準では自動でモバイルアクセス時に切り替わらないとNGのはずです。

そうすると楽なのはCMSを活用したレスポンシブデザインですよね。
CMSで動的にモバイル画面を画面サイズに合わせて表示してくれるのは楽チンです。

でも、そうすると管理画面や画面表示が重くなりますよね。

そこでお勧めしたいのがKUSANAGIです。

KUSANAGIというOSSの実行環境はCMS向けに超高速化とセキュリティ強化をしています。中身はCentOSなどのメジャーOSSをチューンアップしているものです。これを利用すると、10倍程度早くなるので、CMSをガンガン使っても安心です。管理画面すら軽くなります。

このコラムを掲載しているデジタル・ヒュージ・テクノロジーはKUSANAGIパートナーとして実績を重ねており、KUSANAGIをベースにした構築には自信があります。

KUSANAGIに興味がある方は以下をご覧ください。

https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/solutions/kusanagi/

 

 

Related post

公式Facebook

公式Twitter

事例

  1. 2017-9-4

    当社代表の鵜川がプライム・ストラテジー社からインタビューを受けた事例記事が掲載されました。

    当社代表の鵜川がプライム・ストラテジー社からインタビューを受けた事例記事が掲載されました。興味がある…
Return Top