DHT DBマイグレーションサービス

クラウドの普及により、有料のデータベースのシェアが急激に減少しています。開発者は開発時にライセンスが発生しないOSS-DBでシステムをテスト環境で構築するようになり、そのまま本番システムで利用されるケースが増えています。また、近年、有料のデータベースがライセンス料金を値上げしているため、PostgreSQLの活用シーンが増えています。調査データによると新規導入されている業務システムのデータベースとして半分以上のシェアをPostgreSQLが占めています。そこで、デジタル・ヒュージ・テクノロジーは有料ライセンス・データベースからのPostgreSQLに100万円/60テーブル~(税抜き)で移行する「DHT DBマイグレーションサービス」を開始しました。

◆お客様の課題

・有料ライセンスのデータベースの維持コストが高騰し、コスト削減を希望されてiいる
・今後シェアが減少していく有料ライセンスのデータベースからシェアが高いOSSデータベースへ移行したい

◆サービスの特徴

・業界最安値クラスのマイグレーション料金でご提供いたします。
・周辺のアプリケーションも並行開発いたします。
・オンプレミスからクラウドへの移行も行います。
・マネージドサービスも提供しています。

◆移行元対象データベース(2017年10月時点)

・Oracle全バージョン(RACは詳細ヒアリングが必要です)

◆移行先のシステム例

・PostgreSQLご希望バージョン
・KUSANAGI

◆販売価格

100万円/60テーブル~(税抜)

◆DHT PostgreSQLクラウドマネージドサービス

DHT PostgreSQLクラウドマネージドサービスも提供しています。
月額 3万円/60テーブル~(税抜)
※クラウド料金が別途発生します。
KUSANAGI環境を推奨しています。
KUSANAGI公式サポートサービスもオプションにてご利用できます。

◆販売代理店について

DHTは本サービスの販売代理店を募集しています。
興味がある方は以下のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

◆業界関係者からのコメント

LPI-Japan理事長 成井玄 氏
「LPI-Japanは、OSSを活用したシステムインテグレーションで培った豊富な実績と高い人財育成ノウハウを持つ株式会社デジタル・ヒュージ・テクノロジー様が、PostgreSQLを利用した「DBマイグレーションサービス」を発表されますことを歓迎し、また同社を支援いたします。同社の活躍により、OSS-DB分野の人財育成のすそ野が広がり、より多くの企業において、PostgreSQLが活用される領域が増えることを期待しています。今後もLPI-Japanは、株式会社デジタル・ヒュージ・テクノロジー様とともに協力し、OSS-DB技術者認定試験の普及とその市場の活性化、人財の育成といった活動に取り組み、日本のIT技術力の向上に貢献していきます。」

プライム・ストラテジー株式会社 代表取締役 中村けん牛 氏
「近年、国内外で業務システムにPostgreSQLが多く使用され、シェアを獲得していることを耳にします。セキュアな世界最高速クラスのWeb実行環境である『KUSANAGI』がKUSANAGIパートナーであるデジタル・ヒュージ・テクノロジーの『DHT DBマイグレーションサービス』に採用されたことをうれしく思います。プライム・ストラテジーは引き続きデジタル・ヒュージ・テクノロジーを支援し、『KUSANAGI』の業務システム分野への浸透に尽力します。」

BOSS-CON JAPAN 理事長 吉政忠志 氏
「品質面ではOracle以上と言われ、パフォーマンスもあまり差が出ないPostgreSQLの市場シェアが高まっており、海外のニュースではこの1年間の業務システムの新規導入DBの70%がPostgreSQLというデータも出ています。OS、CMSにおいてOSSが70%以上のシェアをとる中、いよいよデータベースでも同じことが起こるのかと感慨深いです。長年会員として貢献いただいているデジタル・ヒュージ・テクノロジーのOSSの取り組みを評価するともに引き続き支援をしてまいります。」

◆PostgreSQLを6倍高速化する「KUSANAGI for PostgreSQL」

当社が開発協力した「KUSANAGI for PostgreSQL」についてはこちらをご覧ください。

◆KUSANAGI for PostgreSQLパフォーマンス保障マネージドサービス

こちらをご覧ください。

◆お問い合わせ

お問い合わせについては、以下のフォームにご記入ください。
以下の項目を入力して[送信]ボタンを押してください。
※印の項目は必須入力項目です。

 

公式Facebook

公式Twitter

Return Top