1. HOME
  2. Blog
  3. コラム
  4. OSSビジネス千里眼
  5. 「Google TEST MY SITEで合格点を取るKUSANAGI+Autoptimiseでの設定例」

更新情報

NEWS

OSSビジネス千里眼

「Google TEST MY SITEで合格点を取るKUSANAGI+Autoptimiseでの設定例」

こんにちは。デジタル・ヒュージ・テクノロジー顧問の吉政でございます。

Webの表示速度が遅いと検索順位が落ちていきますよね。表示速度が遅いと、Webの閲覧者の満足度がさがり、離脱率が上がっていきます。

Googleで検索して見つけられたサイトが遅いと「Googleで検索して出てきたサイトめっちゃ遅いじゃん!」となり、Googleユーザの満足度がさがります。それゆえに、Googleは表示速度が遅いサイトの検索順位を下げようとするのです。

どうにも遅いサイトが多いので、Googleは以下の速度測定ツールを公開しています。

・TEST MY SITE(サイト全体の表示速度を測定)

・PageSpeed Insights(ページ単位で表示速度を測定)

少しチューニングすればPageSpeed Insightsは比較的簡単に及第点をとれます。一方でTEST MY SITEはなかなか及第点をとれないです。皆さんのサイトはいかがですか?機会があれば、是非以下のページで自分のサイトをチェックしてみてください。

Google TEST MY SITE  https://www.thinkwithgoogle.com/intl/ja-jp/feature/testmysite/

特に、良いコンテンツをじゃんじゃん更新ししているにも関わらず、検索順位が上がらなかったり、PVが伸びない場合は、Googleのペナルティを受けている可能性があります。 TEST MY SITEを使って是非テストしてみてください。

Google TEST MY SITE

https://www.thinkwithgoogle.com/intl/ja-jp/feature/testmysite/

Google TEST MY SITEで検査した結果「遅い」というペナルティ判定を受けてしまった方は、WordPressであれば、以下の方法で解決できる可能性が高いです。

・超高速WordPress実行環境「KUSANAGI」を導入する
(国内外の主要クラウドに対応しています。無料で利用できます)
・Autoptimiseなどのチューニングプラグインを活用する

AutoptimiseはWordPressのプラグインの一つです。他にも様々なチューニングプラグインを使ってみましたが、私が管理してきたサイトはAutoptimiseが一番効果があったように思えます。

で、設定例を紹介したいと思いますが、その前に、私の会社の吉政創成のスコアを紹介します。

サイト:https://www.yoshimasa.tokyo/

Web環境:鈴与シンワートS-Portクラウド+KUSANAGI+WordPress+Autoptimise

TEST MY SITEの結果は以下です。

速くはないですが、遅くもないですね。でもこの「平均」を出すのに苦労している人も多いと思います。

テーマは有料テーマの中でかなり高速なTCD ICONICを使用しています。でも、Autoptimiseを使用する前は2.6秒であり、あと0.1秒足りずにTEST MY SITEで「遅い」判定を受けてました。

以下では、TCD ICONIC用に私が設定した例です。例は例なので、他のサイトでうまく行くかはわかりません。試される方はあくまで自己責任で宜しくお願いいたします。

いかがでしょうか?

参考になれば幸いです。

ちなみに、Autoptimiseは設定が違うと画面が崩れたりすることもありますので、注意してください。多くの場合は画面が崩れても元の設定に戻せば戻るはずです。

専門家に聞いてみたい方は、以下の導入コンサルサービスをご利用ください。

DHTOSS導入コンサルサービス

https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/solutions/dht-oss-consulting/

Related posts