1. HOME
  2. Blog
  3. 事例

更新情報

NEWS

事例

【事例】千葉県下屈指の工場要員派遣会社「クロテック」が採用サイトの構築をデジタル・ヒュージ・テクノロジーに委託

千葉県下屈指の工場要員派遣会社「クロテック」が採用サイトの構築をデジタル・ヒュージ・テクノロジーに委託しました。 以下にて、採用背景、その効果などを事例としてまとめています。興味がある方はご覧ください。 ◆会社概要 商号:株式会社クロテック 設立:平成14年7月15日 代表取締役:黒澤 良雄 資本金:10,000,000円 売上高 ・平成28年実績:10億4千7百万 ・平成29年実績:15億1千1百万 クロテックは、千葉県の工場様への派遣をメインに立ち上げた会社です。直近では、IT事業部を立ち上げ、ITシステムの設計及び構築の人材派遣をしております。また、自社のシステムも自社で構築しております。現在は、ファイヤーウォール導入、Microsoft Azure Active Directory及びOffice365の導入も自社で進めています。メインの工場様への派遣は、千葉県No.1を目指しており、順調に業績が右肩上がりで伸びています。 ◆採用サービス ・DHT OSS導入テクニカル・コンサルティング・サービス ・セキュアに高速化を実現する「KUSANAGI」 ◆対象システム クロテック採用サイト https://recruit.kurotec.co.jp/ クロテック副社長 黒澤友詞氏にデジタル・ヒュージ・テクノロジーサービスの採用背景、ご評価を聞きました。 「今回、オリジナルの求人専用WEBサイトを立ち上げようと思った理由や背景はなんでしょうか。」 「Indeed様に社員募集の掲示をお願いしておりますが、詳細URLのリンク先(飛び先)は、Indeed様以外の求人サイト(弊社がお願いしている求人サイト)でした。その場合、詳細URLのリンク先の求人サイト先で、弊社ではない他社の募集に募集人材が流れることが多くありました。まずは、応募者様の希望の仕事がなかった場合に、他社の求人に流れ事を防ぐ仕組みを考えていました。そのため、応募者様に弊社の他の仕事をご覧頂くために、詳細URLのリンク先になる自社サイトを作成したいと思ったのが背景です。」 「オリジナルのWEBサイトに期待することはなんですか?」 「当初は、弊社のIT事業部で構築する時間がなかったので、お願いした訳ですが、DHT様は弊社のIT事業部の得意分野以外の技術をお持ちでした。特に、DHT様は、超高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI」を使用して、WordPressサーバーを通常の約10倍の速さにブーストさせる技術に特化した会社であるため、サーバーのレンタル料を削減することに期待していました。弊社は仮想サーバーのリソース(特にメモリ)を減らすことができ、運用費も削減でき、満足しております。」 「オリジナルのWEBサイトを使ってみていかがでしたでしょうか?」 「やはり応募者様からしっかりとした会社として判断いただく材料のうちの一つとして、自社で運営しているというのもポイントかと思います。応募者様からの直接のお声はまだ頂戴しておりませんが、良い反応を頂けるシステムと確信しております。我々、管理側は、簡単な作成インターフェースを用意して頂き、マニュアルまで用意して頂いたので、困ることはありませんでした。」 「WordPressは運営しやすそうですか?」 「運用する側もWordへ記入する感覚で作成できるので、運用の容易さは、とても満足しております。また、弊社クロテックのIT専門部署であるIT事業部と連携してくださるので、運営で困ることはありませんでした。」 「KUSANAGIを導入して、期待通り高速でしたでしょうか?」 「十分過ぎる程、高速であると思います。レンタルサーバーのメモリ搭載は4GBのメモリですが、感覚では16GBもしくは32GBくらいのスペック(速さ)を出しているのではないか?と思うほどです。」 「構築を担当したデジタルヒュージテクノロジーの担当の方の対応はいかがでしたでしょうか?また、それに関連したエピソードがあればお教えください。」 「デジタル・ヒュージ・テクノロジー大野様にご担当頂きました。弊社が求人サイトの第一弾ですが、きめ細やかな対応をしてくださいました。何度かの要求変更も嫌な顔をせず、対応してくださって、満足しております。弊社クロテックの対応がエンジニア歴18年の小林が対応した為、厳しい要求が多かったと思います。また、マニュアルなども非エンジニア向けに書いてくださって、とても親切な対応だと感じました。」 「デジタルヒュージテクノロジーに今後期待することを教えてください。」 「デジタルヒュージテクノロジーの鵜川社長と弊社クロテックの小林は長年の親交があり、今回の仕事をお願いするに至りました。今回の構築案件を機にデジタルヒュージテクノロジー様とクロテックの繁栄のために、より一層、お互いの知見、技術を交換し合い、シナジー効果を出していければと考えております。」

Web更新

【KUSANAGI構築事例】ヴァイオリニストREIKO公式サイト

お客様情報: ヴァイオリニストREIKO 大阪出身のヴァイオリニスト REIKOは、祖母はピアノ、母はチェロを嗜む音楽一家で育ち、3歳よりピアノ、4歳よりヴァイオリンを始めました。その後、スペインに感銘を受けてジャズに目覚め、スタジオや TV 出演、パーティー演奏、学校公演、ボランティア演奏等、優雅で気品溢れながらも情熱的なパフォーマンスで好評を博しています。 クラシックに源流を持ち、ジャズ、ラテン、ポップスなど様々なジャンルのエッセンスを吸収し、ジャンルの壁を超えたボーダーレスなアーティストで、音楽教室講師としても後進の 指導に精力的に活躍中です。 https://www.reiko-violin.com/ ■採用システム&サービス ・DHT OSS導入テクニカル・コンサルティング・サービス ・KUSANAGI for ConoHa ■採用効果 ・KUSANAGIを採用したことで、写真を多用したページでも画面の切り替わりが早く、安定してページ閲覧が出来るようになった。 ・WordPressを採用したことで、テンプレートを参考に短時間でページ設計ができた。 ヴァイオリニストREIKO氏に導入の背景や採用効果をインタビューしました。 今回、WEBサイトをリニューアルしようと思った理由や背景はなんでしょうか。デジタル・ヒュージ・テクノロジーとの出会いのきっかけは何でしょうか? 日常的に、各地で Jazz Live などのイベントを開催したり、CD Album を販売している中で、「自身の知名度を上げること」と「常に最新の情報を発信し、新たな顧客をあつめること」が最重要課題です。 以前からホームページは運用していたものの、サイト構造的に写真等の画像・動画をアップデートすることが難しく、またメンテナンス性が乏しい作りであったため、簡単な更新にも手間と負担が掛かっていました。また、PC 向けのサイトとなっており、スマートフォンユーザにとっては閲覧しにくいページとなっていました。 そんな折、お客様として Jazz Live にお見えになったデジタル・ヒュージ・テクノロジーの社長に相談したところ、「WordPress + KUSANAGI」でのサイト構築を提言いただきました。 リニューアル前の時点でリニューアル後のWEBサイトに期待することはなんですか? お客様にとって、必要な情報が容易に確認出来、視覚的に訴求力の高い「写真」や「動画」を多用する動的なホームページになることを期待しています。 また、「写真」や「動画」を多用しても、読み込み速度を気にすることなく、安定かつスムーズなサイトの閲覧が可能なサービスを期待しています。 新しいWEBサイトを使ってみていかがでしたでしょうか? 運営しやすそうですか?はやいですか?デザインはいかがでしょうか? ホームページの管理というと、専門性が高く、非常に高度な技術の必要性を感じていました。しかし、実際に「WordPress」の管理画面を開いたところ、IT関連にうとい自分でも、直感的な操作でホームページの管理が出来、日々の更新も簡単に行えたため非常に驚きました。 また、「KUSANAGI」を採用したことで、写真を多用したページでも画面の切り替わりが早く、安定してページ閲覧が出来ました。これは、スマートフォンからの閲覧においても同様のことがいえました。 デザイン性については、非常に多くのテンプレートが用意されているため、目的に応じてボタン一つで切り替えることも出来、ページ設計に要する時間も短縮されました。 構築を担当したデジタル・ヒュージ・テクノロジーの担当の方の対応はいかがでしたでしょうか?また、それに関連したエピソードがあればお教えください。 ホームページリニューアルが決定してからサービスインするまで、あまり時間がありませんでしたが、非常に短納期で仕上げて頂きました。WordPress の管理方法についても、夜遅くまで長時間に渡り、親切丁寧なトレーニングを実施していただきました。また、サービス開始後にも疑問点があり問合せをすると、すぐに調査、回答いただいており、安定した運用に一役担って頂いています。 デジタル・ヒュージ・テクノロジーに今後期待することを教えてください。 WordPress、KUSANAGI などの IT系アプリケーションは、目まぐるしいスピードで、日々進化を遂げているのは周知の事実です。ユーザの立場から、機能アップデートの情報をリアルタイムにキャッチアップすることは容易でないため、お役立ち情報を定期的に配信していただけると、運用面で非常に有益であると思っています。

Web更新

MMJ生乳取引マッチングサイト「ミルク市場」とコーポレートサイトが本格運用開始~OSSを活用した国内最大級の生乳マッチングサイト~

MMJ生乳取引マッチングサイト「ミルク市場」とコーポレートサイトが本格運用開始 ~OSSを活用した国内最大級の生乳マッチングサイト~ 株式会社デジタル・ヒュージ・テクノロジー(代表取締役 鵜川徹、本社所在地 東京都千代田区、以下、DHT)は株式会社MMJが運営する国内最大級の生乳取引マッチングサイト「ミルク市場」とMMJのコーポレートサイトが本格運用開始したことを発表しました。 生乳取引マッチングサイト「ミルク市場」は年間100憶円近い取引がされるマッチングサイトになり、OSSで構築されたB2Bシステムとしては大きな規模になります。また、MMJコーポレートサイトは更新のしやすさを考慮し、WordPressを採用され、WordPressのパフォーマンス向上とセキュリティ強化を目的に超高速WordPress実行環境「KUSANAGI」を採用されています。 ◆生乳取引マッチングサイト「ミルク市場」について 国内最大級の生乳取引マッチングサイト「ミルク市場」売り手(農家)と買い手(乳業)が自由に希望条件を出し合い、両者のマッチングにより生乳取引を行うことができます。 ◆構築・運営内容 ・コーポレートサイトをKUSANAGIで構築・保守 ・生乳取引マッチングサイト「ミルク市場」を基本設計し、OSSで開発・保守 ・サービスイン:2017年10月 ◆採用メリット ・「ミルク市場」のリニューアルにより「上げゼリ」に加え「下げゼリ」もできるようになり、適切な価格でのマッチングができるようになった。 ・WordPressとKUSANAGIを導入し、コーポレートサイトの運営がストレスなく簡単かつ安全に行えるようになった。 ◆株式会社MMJ 代表取締役社長 茂木修一様のコメント 「生乳・乳製品市場は固定価格での取引が一般的で、それ故に酪農業界が活性化しにくく、海外の酪農業との競争に日本の酪農業が勝てなくなる可能性がありました。 また、生乳・乳製品生もので3日以上保管することが難しいので、固定価格の取引は生産する側も乳業者にとっても健全ではないと考えていました。 必要な人に適正な価格で迅速にマッチングし、流通させていく仕組みが業界で求められていました。 そこで、MMJは適正な価格で売買ができるマッチングサイトを立ち上げ、新しい民間主導による生乳市場を立ち上げました。しかしながら、以前構築したオークションサイトは「上げゼリ」しかできず、適正価格でのマッチングができませんでした。今回の「ミルク市場」リニューアルにより、適正価格のマッチングが迅速にできる良いシステムができたと考えています。」 ◆本事例の詳細は https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/solutions/jirei/mmj_kusanagi/ ◆MMJ会社概要 名称:株式会社MMJ 所在地:〒372-0014 群馬県伊勢崎市昭和町3928 電話:0270-50-8220 FAX:0270-50-8221 資本金:4050万円 代表者:代表取締役 茂木 修一 創業:平成14年12月 事業内容:生乳・乳製品の仕入販売 コーポレートサイト:https://milkmarket-japan.com/ ■デジタル・ヒュージ・テクノロジーについて デジタル・ヒュージ・テクノロジーは国内Linux市場の黎明期である1990年代からLinuxとPostgreSQLを活用した業務システム開発に注力し、OSSインテグレーターの老舗としてノウハウを蓄積してまいりました。LPICやOSS-DBを活用した人材育成にも力を入れており、その活動はメディアでも報じられています。 https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/ <本件に関する問い合わせ> 株式会社デジタル・ヒュージ・テクノロジー 製品担当 鵜川 東京都千代田区岩本町1-4-4 神田第4パークビル3F TEL:03-5825-9933 FAX:03-5825-9931 お問い合わせフォーム:https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/contact/ <報道関係に関するお問い合わせ> 株式会社デジタル・ヒュージ・テクノロジー 広報担当 吉政 TEL:080-3079-4441 *本ニュースリリースに記載されている社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。

Web更新

【事例】国内屈指のイベント・展示会の空間プロデュース会社「株式会社トーガシ」がDHTのコンサルティング・サービスを採用

国内屈指のイベント・展示会の空間プロデュース会社「株式会社トーガシ」がDHTのコンサルティング・サービスを採用されました。 以下にて、採用背景、その効果などを事例としてまとめています。興味がある方はご覧ください。 ◆会社概要 商号      株式会社 トーガシ 代表者   代表取締役社長 吉田守克 本社所在地 東京都江戸川区 資本金   1億9,310万円 設立      2000年3月15日(創業1965年) 売上      35億円(2016年実績) 社員      98名(グループ合算 172名) Webサイト https://www.tohgashi.co.jp ◆採用サービス DHT OSS導入テクニカル・コンサルティング・サービス ◆コンサルティング対象システム 1.イベントレンタル備品サイト(中国) 2.wechatをapi等を利用したマーケティングコミュニケーションサイトおよび決済機能(中国) 3.自社案件管理システム運営(中国) 4.ストリーミングサーバー(中国) 5.社員用OSS Office製品「LibreOffice」(日本) ◆導入前の状況と課題 株式会社トーガシは以前よりITにおいてもできる限りのことは自社で運営する方針でシステムを構築してきました。OSSではないソリューションを採用した場合、どうしてもそのソリューションのメーカーの戦略に縛られてしまうことがあったため、可能な限りOSSを採用するようにしたいと考え、OSS業界の老舗であるデジタル・ヒュージ・テクノロジー社にOSS導入のためのテクニカル・コンサルティング・サービスを受けられました。 ◆DHTテクニカル・コンサルティング・サービスへのご評価 株式会社トーガシ 経営管理部 兼 人事部 和﨑 弥加 氏にDHTテクニカル・コンサルティング・サービスの採用の背景、ご評価を聞きました。 DHTテクニカル・コンサルティング・サービスを採用された背景を教えてください。 「当社の取締役である和﨑実央がデジタル・ヒュージ・テクノロジーの鵜川社長と飲食店で偶然ご一緒する機会があり、ビジネスの話やOSSの話をお聞きし、OSSやIT技術全般の見識や思想に魅力を感じ、依頼することになったのがきっかけです。その後、セミナーにも参加し、大変勉強になり、中国のサーバとOSSのオフィス製品『LibreOffice』の導入コンサルティングを採用することにしました。」 どのようなコンサルティング・サービスを受けられましたでしょうか? 「現在、中国でlinuxのレンタルサーバーを借りて、『イベントレンタル備品サイト』、『wechatをapi等を利用したマーケティングコミュニケーションサイトおよびその決済機能』、『案件管理システム』を運営していますが、そのシステム多くにOSSを活用しています。それらのOSSの思想、構築方法、運用方法など、わかりやすく解説いただき、ノウハウを伝授頂いました。」 LibreOfficeを導入されたそうですが。 当社はOffice製品についてもベンダーロックインを避けたいと考え、OSSのOffce製品であるLibreOfficeを全社採用いたしました。現時点で完全移行はまだできていませんが、全社共通のフォーマットを徐々にLibreOfficeに移行することで実現できると考えています。手始めに全社員が一年の目標を計画する「目標設定&レビューシート」をLibreOfficeに移行しました。これにより、全社員が必ずLibreOfficeを使用することになります。「目標設定&レビューシート」については以下をご覧ください。 そして次に「職業能力評価シート(キャリアプランシート)」をLibreOfficeに移行しました。このフォーマットは各部門ごとに、社内のキャリアマップに基づきレベルが決まっており、社員自身のキャリア形成のための補助資料となるもので、こちらも全社員が使用するフォーマットになります。 デジタル・ヒュージ・テクノロジーに今後の期待することは何でしょうか? ITの技術進化は飛躍的に進化続けています。その中でnodejs,nginx,angular4,react、ストリーミングサーバーと言いました環境がweb上では今後、有効と思います。特にセキュリティ面でそのような環境をサポートする体制を期待します。また、最新の技術動向など適時講義を頂けると助かります。  

Web更新

当社のKUSANAGI構築事例「ダイニングマサラ」が公開されました。

OSS(オープンソースソフトウェア)関連企業の社員が多く集う聖地的スペース「ダイニング マサラ」のWebサイトを当社がKUSANAGIで構築し、その事例がプライム・ストラテジーで公開されました。 ### 今回「ダイニング マサラ」が、オリジナルのWebサイトを立ち上げようと思った理由は、店舗の常連の一人であるIT関連企業の社長からの薦めがあったためだ。その社長によれば、ホームページを立ち上げることで効率よく新しい顧客を集められるようになり、たくさんの人に店の情報を知ってもらえるきっかけにもなるというのだった。この薦めに、以前からWebサイトの必要性を感じていた「ダイニング マサラ」の店主であるももこ氏が応じた形となる。 ももこ氏は語る。“当店では、自分達ならではの接客方法や、新鮮なメニュー作りについて、日々試行錯誤しています。そうした中で、Webサイトを使ってお客様に新しいサービスの情報のご提供ができないかと考えていました。” (本事例の詳細は以下をご覧ください) https://www.prime-strategy.co.jp/achievements/jirei_happyspace/

Web更新

当社代表の鵜川がプライム・ストラテジー社からインタビューを受けた事例記事が掲載されました。

当社代表の鵜川がプライム・ストラテジー社からインタビューを受けた事例記事が掲載されました。興味がある方はご覧ください。 ## 弊社は、業務システムや組み込みシステムの開発を手掛ける、 OSS業界の老舗です。パッケージシステムでは実現できないような業務システムを中心に個別に開発をしていますが、その際にLinuxやPostgreSQLなど、インフラ部分でOSSを活用することが多かったです。 OSSは技術力がある会社にとってはブラックボックスではなく、技術的に把握できて、お客様の要件通りにカスタマイズができ、高速でセキュアな基盤です。それ故に、20年近く前から当社ではOSSを業務系のシステムに活用してきました。 様々なシステムをOSSで構築してきた当社にとって「KUSANAGI」は衝撃的でした。 ## 国内においてはまだまだPostgreSQLの業務システムが多く、今後もその傾向が続くと語られた鵜川氏。 IoTデバイスとの接続に一部Webサーバーを活用するソリューションを検討するなど、今後も「KUSANAGI」を活用して様々な開発に取り組まれていくそうです。 株式会社デジタル・ヒュージ・テクノロジー の事例詳細はこちらからどうぞ↓ https://www.prime-strategy.co.jp/achievements/jirei_dht/

Web更新