そうだ、山に登ろう

いつの間にか夏が終わっていました。今回のブログは、花火をやり損ねたな、と残念がっている新人1号がお届けいたします。
まだ暑い日もありますが、もう季節は秋にはいりましたね。

ここでひとつ、夏の思い出など振り返ってみましょう。

夏といえば山!!ということで三原山に登りました。

「三原山ってどこにあるの?」
そう思われる方もいらっしゃるでしょう。
三原山は伊豆大島にありまして、その伊豆大島は東京から約120kmに位置しています。

高速船を使えば東京から1時間45分、熱海からは45分という近さにあります。
ちなみに明らかに熱海の方が近いですが、伊豆大島は東京都です。車は品川ナンバーです。
どうでもいい情報ではありますが、私の地元です。

インドア派の私がなぜ三原山に登ったのかといいますと、ある日友人AからこんなLINEが来たからです。

そんなわけで、8月14日に登ってまいりました。

 

大島温泉ホテル~火口を一周~大島温泉ホテルという約3時間半のコースです。

09:35頃大島温泉ホテルを出発。

ちなみに誘ってくれた友人Aは、大学時代ハイキング愛好会(ハイキングといいつつガッツリ登山をする)の主将を務めていたため、私とは比べ物にならないくらいの体力があります。

道の途中で突然準備体操が始まります。登山前の準備体操は重要だそうです。

09:55頃、森を抜けました。
あいにくの曇り空です。

ずんずん山に近づいていきます。

すこしずつ傾斜がきつくなっていきます。

百合を見つけて一休み。たくさん咲いていました。

海がきれいに見えるはずなのですが……雲ですね。

石が大きくなってきました。ちょっと歩きにくいです。息切れします。私は喋るときついので、友人Aに喋らせます。

11:00頃、火口一周コースにでました。曇り空なのが残念でなりません。

鳥居があります。ちょっと寄り道をしましょう。

ここは三原神社です。1986年に三原山は噴火しましたが、噴き出た溶岩はこの神社を避けるようにして流れたそうです。
(A曰く「三原神社パワーを吸収しているところ」らしいです。)

こちらは通称「ゴジラ岩」。ゴジラを横から見た姿に見えることからそう呼ばれています。ゴジラに見えますか?

火口展望場からは火口を覗き込むことができます。

覗き込む……というにはちょっと遠い感じがしますね。とにかくこれが火口です。

火口を一周していきます。霧(雲?)が流れていくのが見えます。だいぶ流れが速いですね。

こちらからの方が火口を覗き込めますね。ちなみにこの火口への投身自殺ブームがありました。

色々な角度から火口を眺められます。

12:10頃、火口を一周しました。

この一周の間に何度もセミに襲われました。山頂は木がないのでとまるところを求めているようです。
Aはなぜか喜んでしばらくこのままでいました。

あとは下りながら途中のベンチでお昼ご飯を食べました。雄大な景色を眺めながら食べるご飯は格別ですね。

この写真の右奥に小さく見える建物まで帰ります。あとは大体平地なので楽勝です。

13:30頃、ゴールしました。
汗だくです。でも気持ちのいい汗。

スタート&ゴール地点に設定した大島温泉ホテルでは、宿泊客ではなくても温泉を利用できます。
三原山を眺められる露天風呂は極楽ですよ~。

ぜひぜひ大島に遊びに来てくださいね~。手軽に達成感を味わえますよ~。
気が付いたら伊豆大島PRブログになってしまっていた新人1号でした。

Related post

公式Facebook

公式Twitter

事例

  1. 2017-9-4

    当社代表の鵜川がプライム・ストラテジー社からインタビューを受けた事例記事が掲載されました。

    当社代表の鵜川がプライム・ストラテジー社からインタビューを受けた事例記事が掲載されました。興味がある…
Return Top