KUSANAGI でVirtual Server|社長のアジト

代表の鵜川です。

KUSANAGI でバーチャルサーバーを運用したい!

そんな方も少しは居るのではないでしょうか。

追加したいドメインのプロビジョニングをしてDNSを向けてやれば Web 自身は簡単に上がってしまします。

しかしメールも同じサーバーで行うにはちょっと設定が必要になって来ます。

KUSANAGI はベースが CentOS 7 なのでメールは Postfix を使うことになります。

関係する設定ファイルは以下の2つの設定ファイル

/etc/postfix/virtual

hoge1@example.com hoge1
hige2@example.com hoge2

これは hoge1@example.com 宛のメールは hoge1 というユーザーに配信します。
hoge2@example.com 宛のメールは hoge2 というユーザーに配信されます。
このように受信したいメールアドレスとユーザーをマッピングさせます。

/etc/postfix/main.cf

virtual_alias_maps = hash:/etc/postfix/virtual を追加
mydestination = $myhostname, dht-jpn.co.jp の行を
mydestination = $myhostname, dht-jpn.co.jp, example.com の様に受信したいドメインを追加します。

あとは Postfix の再起動すれば完了!

# postmap /etc/postfix/virtual
# service postfix restart

 

こんな私に興味があればFacebookでほとんどの投稿公開していますので読んでみてください。

但し、お友達申請は実際にお会いした方か友人の御紹介がないとお受けしておりませんので悪しからず。


Related post

公式Facebook

公式Twitter

事例

  1. 2017-9-4

    当社代表の鵜川がプライム・ストラテジー社からインタビューを受けた事例記事が掲載されました。

    当社代表の鵜川がプライム・ストラテジー社からインタビューを受けた事例記事が掲載されました。興味がある…
Return Top