「コンテナ型仮想環境『Docker(ドッカー)』を高速化する」

多くの方が想像しているとおり、ビジネスは加速化されていきます。
誰もが遅くなっていくとは思っていないと思います。

振り返ってみれば、電話とFAXがビジネスコミュニケーションの中心だったころと比べて、今は電子メールやチャット、TV会議など様々なコミュニケーションツールが発達し、Eコマースも当たり前の世の中になりました。それに伴い、一日に処理する情報量はかなり増えたと思います。当たり前のような出だしで始まりましたが、社会のビジネス環境は大きく進化し、スピーディーになっています。これからもそうです。

それに伴い、開発要件もより短納期が求められるようになり、開発手法もウォーターフォールからアジャイル開発にシフトしてきています。特にWeb関連の開発ではウォーターフォールの開発方式を取られている会社はかなり減少したのではないでしょうか?

そして、今、より高速に開発を進めていくための環境としてコンテナ型仮想環境が普及を始めています。

代表的なコンテナ型仮想環境『Docker(ドッカー)』に今回は触れてみたいと思います。
(「Docker」実行環境をクラスタ化する「Kubernetes」に注目が移っている!と言う方もいるかもしれませんが、今回はまず、Dockerで書きますw)

そもそも「コンテナ型仮想環境」とはという話になりますが、一言で言えば、アプリケーションと実行環境を分離させて、コンテナと呼ばれる器の上にコンテナプロセスを複数格納する仮想環境を指します。 VMwareやHyper-Vなどの仮想環境はそれぞれの仮想環境の上に個別のアプリケーションが動いています。「コンテナ型仮想環境」はOSの上にコンテナエンジンが乗っており、その上に複数のコンテナプロセスが動いているイメージになります。アプリケーションがOSなどの実行環境と分離されているため、アプリケーションを構築・実行される際にOSなどの実行環境を意識しないため、構築も早ければ、実行も軽いです。実行環境は構築も速くて、実行が軽いのが一番です。その2点を追求したのが「コンテナ型仮想環境」になります。語弊があるかもしれませんが、おおよそその理解であっていると思います。

「コンテナ型仮想環境『Docker(ドッカー)』」をご存知ない方は是非注目してほしいです。コンテナ型仮想環境で将来にわたっても代表格でいられ続けるかはわかりませんが、OSSの「コンテナ型仮想環境」は必ず時代の主流になります。ご存知の方もいるかもしれませんが、Google社はIT基盤を「コンテナを使ったマイクロサービス」に移行し、コンテナを毎週20億個、作ったり壊したりしています。それくらい便利というか効率的にアプリケーション構築できるものが「コンテナ型仮想環境」になります。

そもそも「コンテナ型仮想環境」とはという話になりますが、一言で言えば、アプリケーションと実行環境を分離させて、コンテナと呼ばれる器の上にコンテナプロセスを複数格納する仮想環境を指します。 VMwareやHyper-Vなどの仮想環境はそれぞれの仮想環境の上に個別のアプリケーションが動いています。「コンテナ型仮想環境」はOSの上にコンテナエンジンが乗っており、その上に複数のコンテナプロセスが動いているイメージになります。アプリケーションがOSなどの実行環境と分離されているため、アプリケーションを構築・実行される際にOSなどの実行環境を意識しないため、構築も早ければ、実行も軽いです。実行環境は構築も速くて、実行が軽いのが一番です。その2点を追求したのが「コンテナ型仮想環境」になります。語弊があるかもしれませんが、おおよそその理解であっていると思います。

上記の理由から、より短期間でアプリケーションを開発、運営、改善していくためには「コンテナ型仮想環境」が有効であるという話になります。

さて、この「コンテナ型仮想環境」ですが、Dockerを使用している場合、KUSANAGIで高速化することができるのです。「KUSANAGI Runs on Docker 高速化」で検索すると77倍高速化したというデータも出てきます。

実行環境はどのような使い方でも遅いより早いほうが絶対にいいですよね!

興味がある方は以下をご覧ください。

KUSANAGI
https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/solutions/kusanagi/
KUSANAGI Runs on Docker
https://www.prime-strategy.co.jp/information/release_rod/

Related post

公式Facebook

公式Twitter

Return Top