OSS-DB Exam Gold 対応コース

OSS-DB Exam Gold 対応コース


既にPostgreSQLを利用されている方、OSS-DB Exam Goldの受験を控えている方などを対象に、データベースの管理と効率的に利用するためのパフォーマンスチューニングに必要な知識と技術を学習する講座を定期開催しております。

1人1台のマシンを使用し、より高度なデータベースの運用・管理について学習していただきます。
本講座ではPostgreSQLの基本的な使い方については解説いたしません。

本講座はOSS-DB Exam Goldの試験範囲に対応した認定教材を使用しておりますので、
試験対策としても最適です。

定員になり次第、締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
詳細は以下をご確認ください。

▼講座詳細

期間
 2日間
時間
 10:00~17:30 (12:00~13:00、15:00~15:15は休憩)
 PostgreSQL
バージョン
 9.0
 講座内容
 トレーニングの前に
 内部構造
 メモリ・プロセス・ストレージの構成、サーバへの接続処理、SQLの実行処理、データベースクラスタの構造、ブロックの構造、データの読み取り・書き込み
 デプロイメント
システム構成の設計、ディスク容量の見積もり、インストール、データベースクラスタの作成、テーブルスペース、フィルファクタ、性能検証
 セキュリティ管理
通信経路の暗号化、データの暗号化、クライアント認証、データベースオブジェクトの暗号化、監査ログ
 メンテナンス 
ログの取得、バックアップ、PITR、ホットスタンバイとストリーミングレプリケーション、バキューム、
統計情報の更新、インデックスの再構築、ディスク容量の監視、システムカウンタの監視
 性能分析
ボトルネックの調査、実行時統計情報(統計情報ビュー)、実行計画(EXPLAIN、auto_explain、計画タイプ)、統計情報(pg_classテーブル、pg_stateビュー)
 性能チューニング
バキューム
(maintenance_work_mem、max_fsm_pages)、読み取り・書き込み(shared_buffers、wal_buffers)、実行計画(インデックス、work_mem)
 障害対応 
起動できない場合(pg_resetxlog)、反応しない場合、停止してしまう場合(セグメンテーション違反、OOM Killer)、
データが破損した場合(インデックスの再構築、zero_damaged_pages)
講師
 OSS-DB Exam Gold の有意性ある有資格者
受講料
(税別)
 150,000円
定員
 6名様(最小3名様) (※1)
対象
 ・”PostgreSQL導入トレーニング” と同等の知識がある方
・Unix/Linux 系OSの知識がある方
使用教材
 「PostgreSQL運用管理トレーニング」 (SRA OSS, Inc. OSS-DB 認定テキスト)
 場所
 株式会社デジタル・ヒュージ・テクノロジー
東京本社 詳細

※1 開催2週間前の時点で、最小定員数に満たない場合は、開催を見送らせていただきます。
詳しくは「▼キャンセルポリシー」をご確認ください。

▼開催予定日

現在の開催予定日は下記の通りです。)

  • 2017年   4月 22日・23日  (申し込み締切日:  4月 8日)
  • 2017年   5月 20日・21日  (申し込み締切日:  5月 6日)
  • 2017年   6月 17日・18日  (申し込み締切日:  6月 3日)
  • 2017年   7月 22日・23日  (申し込み締切日:  7月 8日)

▼お申込み・キャンセルポリシー

お申込み・お問い合わせページ からご確認ください。